ビール

ビール

「世界に通用するビールのつくりかた大事典」はビール好きは必携かも

ビールの自作はできないけど、翻訳されたビールのつくり方の本を読むと、モルトにはいくつも種類があり、ビール酵母もたくさん種類があることが分かります。ビール好きならこの本はとても面白く読める本だと思います。 世界に通用するビールの...
ウイスキー

ビールを蒸留すればウイスキーになるだろうか?

ビールからウイスキーはできるでしょうか?ビールは麦汁から不純物を除去して発酵させられます。そして最後に濾過されます。一方、ウイスキーの蒸留前の発酵モロミは、酵母の自己消化臭や味噌のような重い香りが支配的です。近いものはできるようですが・・・。
ビール

「第3のビールは、なぜビールの味がするのか?」を読んで、買って来て飲んでみた

この記事では、「第3のビールは、なぜビールの味がするのか?」を読んで、なぜ原材料にエンドウタンパクや大豆タンパクが必要なのか理解できたことを書いています。なぜビールのような飲料をつくるのにタンパク質が必要か疑問に思ったことはありませんか? ...
スポンサーリンク
ビール

サッポロクラシック2017夏の爽快を飲んだ

うちの妻が函館旅行から帰ってきました。北海道では、こんなビールを売っているらしい。サッポロクラシック2017夏の爽快を買って来ました。 ホップを香りが立つようなものに変えたビールみたいです。個人的には、やり過ぎるとキリン一番搾...
ビール

「ぷしゅよなよなエールがお世話になります」を読みながら「よなよなエール」を飲む

ぷしゅ よなよなエールがお世話になりますを読みました。この本は270ページの良質な会社案内だと思います。 ローソンに行って、よなよなエールビールを買って来て飲まねばと思う魅力があります。昨日は、よなよなエールと、インドの青鬼を飲んだの...
ビール

大麦をモルトにする話を詳しく

いやーすごい本を見つけてしまいました。発酵の技法 ―世界の発酵食品と発酵文化の探求という本です。 なぜ、コンピュータ関係の本ばかり出しているオライリージャパンからこのような本が出版されたのかと思いました。500ページくらいの本...
ビール

糖質ゼロビールを比較してみてどのように作るのか調べてみた

暑くなると、いや、1年中ビールはうまいものですが、ビールは日本酒ほどではないものの、確実に太ります。お腹が出ます。 たまに、糖質ゼロビールが気になって買ってみようかなと思うことがありますが、せっかく飲むならと思い直し、いつも買っている...
ビール

サッポロビールは開拓使麦酒醸造所から

日本のビール 面白ヒストリー:ぷはっとうまいを読みました。日本のビールの歴史が書かれています。 最初は、横浜の外人居留地で、明治2年にジャパン・ヨコハマ・ブルワリーが、明治3年にスプリング・ヴァレー・ブルワリーが醸造を始めまし...
ビール

ビール職人、美味いビールを語る

ビール職人、美味いビールを語るを読みました。本の中で出てくる一番搾りはさんざん飲んでいるので、今夜はずーっと飲んでいない著者おすすめのハートランドを買って来ようと思います。 この本はキリンビールを定年まで勤められ、その後八ヶ岳...
ビール

日本のビール味の変遷

このところ、ビールの話を書いていたので、ビールを飲む機会が増えました。 ところで、ビールの副原料の話を書いてから、副原料が入り出したのは戦時中の物資不足と関係があるのだろうなと思っていました。トウモロコシやジャガイモ、デンプンなんて主...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました