麹は不思議で面白くて興味がつきない

麹についての解説本は、乳酸菌ほどありません。そのせいか麹は地味な存在なのですが。少し調べてみると、米麹がなぜ出来たのだろうか?とか、米麹を使った米味噌はちょっとした発明品だったんじゃないだろうか?とか、カビの中から麹菌だけ取出す技術は室町時...
日本酒

会津ほまれ純米大吟醸極(きわみ)は安くてうまくて驚いた

元旦の朝、日本酒を買ってなかったことを思いだし、会津ほまれ純米大吟醸酒極の4合ビンを買いました。1000円くらいでした。日本酒は大体おいしさと値段は比例していると思っているので冷やかし気分98%で買いました。しかし、香りがよくやわらかい味がしてとてもおいしかった。
味噌

ジップロックを使った味噌の作り方

味噌作りは時間がかかるので、ついたくさん作らなくてはと思ってしまいます。しかし、ジップロックのLサイズの袋を使えば、乾燥大豆を400g使って、約2kgの味噌を作ることができます。袋で仕込むと空気を抜くのも入れかえるのも楽です。もしカビが生えて来ても袋を切ってカビを取り除き、新しい袋に入れればよいだけです。
参考文献

「微生物が未来を救う」を読んだ

小泉武夫さんの20年前の本「微生物が未来を救う」を見つけて借りて来ました。NHKで放映されていた課外授業ようこそ先輩という番組に合わせて作られた本です。発酵を知るために最初に読むとよい本です。この本が書かれた当時、小泉先生は、遺伝子工学を使って微生物を操作するより、自然の中から人類の生活に有効な働きをしてくれる微生物を探してくる方が早くて安全だと考えていたようです。
納豆

納豆の賞味期限切れはいつまで食べられる?

納豆の賞味期限は、製造日を含め12日とありました。意外と短い。では賞味期限切れの納豆はいつまで食べられるのか?10℃以下の冷蔵保存をしていると、賞味期限切れの日から30日経ってもお店に並べられた日よりおいしく感じられたそうです。少なくとも30日までは大丈夫。

なぜ甘酒は飲む点滴といわれるのか?

甘酒はなぜ栄養豊富で飲む「点滴」と呼ばれるのだろう?甘酒と炊いたご飯の栄養成分を比べると、甘酒の方がぶどう糖が多いものの、その他の栄養成分はご飯の方が多い。さらに、米麹甘酒の文献を読むと、炭水化物がほとんどぶどう糖に変わっていて、「点滴」の意味がぶどう糖を補給することならその通りだと思います。しかし、遊離アミノ酸もビタミンの量も大したことはなく、栄養豊富とはいえないと思います。
ヨーグルト

甘酒ヨーグルトが流行っているとか

甘酒ヨーグルトが流行っているそうです。甘酒にヨーグルトを混ぜます。はちみつやジャムを混ぜるのと同じ。甘酒もヨーグルトも簡単に自作できます。甘酒は飲む点滴なんていわれますが、炊いたご飯と変わりません。それよりも麹を一緒に飲むと考えた方がよさそうです。
味噌

味噌の賞味期限はどのように決まるか?

味噌の賞味期限は、傷んではいないですが色が黒っぽくなり強い焦臭を感じる時点を基準に決められます。というのも、味噌は食べ頃も品質劣化の始まる時期もはっきりしない食品だからです。味噌に種類があるので一律に決められないですが6ヵ月が一番多いようです。
味噌

粉末味噌と顆粒味噌は調味料として使うと考えると面白い

最近、粉末(顆粒)味噌の広告を見かけます。よく見るのはマルコメのフリーズドライ顆粒味噌です。インスタント味噌汁は1970年頃からあり粉末から生味噌タイプに変わっています。メーカーは粉末(顆粒)味噌を新しい調味料として使ってほしいと考えているようです。これは面白い。
味噌

味噌は生で食べられますよ

ネットで記事を読んでいると、味噌が生で食べられるかどうかわからない人がいることがわかりました。味噌は生で食べられます。おにぎりに塗ったり、野菜につけて食べます。とはいうものの、私も味噌をつけたらおいしい野菜をあまり知らないことに気がつき、野...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました