クエン酸

クエン酸は乳酸を減らすが疲労を回復させるわけではない

クエン酸は柑橘類に含まれ、昔から疲労回復に役立つといわれてきました。クエン酸は乳酸を減らすことはできます。しかし、乳酸は疲労物質ではなくなってしまいました。 クエン酸は英語で書くとcitric acidです。もともとはcitr...
味噌

仙台味噌の特徴とは

赤味噌を買うとき、どれを買ってもまず間違いないのは仙台味噌です。仙台味噌は、大豆をたくさん使用しているといわれますが、大豆、米麹、塩を原料とする米味噌のなかで、大豆使用率が高い味噌です。 いつも行く乾物屋さんには、仙台味噌が置...
好気性菌

好気性細菌はミトコンドリアを持たずにどうやって酸素呼吸するのか

原核生物である細菌は、ミトコンドリアを持ちません。嫌気性細菌なら分かりますが、好気性細菌はどうやって酸素呼吸をするのだろう?TCA(クエン酸)回路を持っているのだろうか?そんなことを考えたことありませんか。 ミトコンドリアがないと...

お酢の抗菌作用ってどのように働くのか

お酢(酢酸)は、雑菌の細胞膜に浸透しやすく、雑菌の中で解離してプロトン(H+)が生じます。菌体内のpHが下がり、酵素が変性して不活性化してしまい、雑菌は死滅します。 これが、お酢の抗菌作用です。 人を助けるへんな細菌すご...
納豆

納豆の粘り成分は納豆菌がたくさん増えた後に減っていく

納豆のネバネバ成分は、納豆菌が増えるに従って非常食のように用意したポリグルタミン酸です。納豆菌が大豆にいっぱいになるまで増えると、栄養がとりにくくなり、ネバネバ成分を栄養にし始めます。そのため時間とともに納豆が粘らなくなります。 この...
乳酸

乳酸は疲労物質ではない

乳酸は酸素が不足するとできる、疲労物質だといわれてきました。乳酸は糖の分解量が増えるとできるもので、疲労物質ではなく、エネルギーを貯めておくものです。とても分かりやすい本がありましたよ。 高校生のための東大授業ライブを読みまし...
乳酸

乳酸とはどのようなものか

筋肉にたまる乳酸と乳酸菌がつくる乳酸。どちらも同じものです。しかし、一方は長く疲労物質として扱われ、もう一方は、ヨーグルトに入っていて健康に役立つイメージがあります。まるで別な物質のように感じますね。しかしどちらも全く同じ、生きていくための...
乳酸

乳酸は肝臓に戻されて再びブドウ糖になる

筋肉や赤血球でつくられた乳酸は、血液を流れ、肝臓や腎臓に送られて、糖新生によって再びブドウ糖に変わります。その道筋を追ってみました。 乳酸は肝臓に運ばれる イラストレイテッド ハーパー・生化学 原書29版には次のように書かれてい...
乳酸

乳酸菌が乳酸をつくる経路は2つある

乳酸菌がブドウ糖から乳酸をつくる経路を調べました。大部分の乳酸菌はヒトの細胞と同じ解糖系で乳酸をつくりますが、ヘテロ発酵の乳酸菌は、別の経路を使います。 乳酸菌がブドウ糖を乳酸に変える仕組みと、ヒトの筋肉がブドウ糖を乳酸に変え...
酵素サプリ

酵素サプリに入っている植物発酵エキスの量を知る方法

この記事では、酵素サプリの栄養成分を100gあたりに直して、植物発酵エキスがどのくらい含まれているのか簡単な計算で出す方法をお教えします。 酵素サプリの登場は好ましいと思ったのだが・・・ 酵素サプリは、それまでの酵素に比べてかな...