粕とり焼酎はどうかなと思って八海山よろしく千萬あるべしを買ってみた

私は普段焼酎は飲みません。ただ、昔、焼酎がずらりと並んだお店で日本酒好きならとすすめられて鳥飼を飲んだ時は、うまいなと思いました。高級な日本酒のような吟醸香があるのです。

このところずっと酒の本を読んでいて、日本酒の藏が出している焼酎ってどんな感じなんだろうと思っていました。焼酎を飲むなら、好きな日本酒の香りがすると嬉しい。

ちょうどうちの妻が新潟に行ったので、帰りに八海山の「よろしく千萬あるべし」を買って来てもらいました。

酒粕を原料に蒸留して製造する「粕取り焼酎」ですが、カストリというとあまりよいニュアンスはありません。

しかし、八海山のサイトによると、

白いボトルの「よろしく千萬あるべし」は米・米麹を原料にもろみを仕込み、アルコールを醗酵させ、さらに酒粕を加えて、蒸留したものです。米由来の豊かな香りをお楽しみいただけます。

これは期待できそうです。

粕とり焼酎かと思ったら、米、米麹でまたもろみをつくってそこに酒粕を加えて蒸留したとあります。

日本酒は好きなのですが、カロリーが高いのですぐに太ってしまいます。焼酎は甲乙ありますが、本格焼酎は、飲み過ぎなければ体によいのは学習済み。

開封して、嗅いでみると、ほのかに吟醸香がしました。こういう焼酎はどんな飲み方がよいのでしょう?お湯割りはなにか違うような気がします。ロックがよいような気がします。水を用意してチビチビやるのが一番よいのかもしれません。

よろしく千萬あるべし

スポンサーリンク
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大