酵素と酵母のちがいはなんですか?

酵素と酵母の違い、たまに聞かれます。分かってしまえば簡単なことなのです。漢字が一字違いなので、何となく同じように見えるみたいです。「酵」は酒のもとという意味で、大きな漢和辞典を引くと、酒がぶくぶく沸いている様子という意味もあるようです。

「酵」の素であり、母であると、確かに同じような意味に感じます。

しかし、酵素と酵母はまったく違うものです。

酵素と酵母の大きな違い

酵素と酵母はまったく別物です。一番分かりやすい比較をつくってみました。

  • 酵母は、単細胞の生物(いきもの)です。
  • 酵素は、生物ではなくタンパク質を主体とした物質です。
  • 酵母は、細胞分裂して増えます。
  • 酵素は、増えません。
  • 酵母は、糖からアルコールをつくります。
  • 酵素は、糖からアルコールに変化する化学反応について、自分は変化しませんが、この化学反応を起こりやすくする触媒のような物質です。

この中で一番大切なのは、酵母は生物であり、酵素は物質であることです。これだけで違いがはっきりすると思います。

そして、酵母はアルコール発酵をして糖をアルコールにしますが、酵素は、糖からアルコールに変化する化学反応に関与し、この化学反応を起こりやすくする働きをします。

つまり、酵母という生物の中で、糖をアルコールにするために働いている物質が酵素です。この酵素の名前は、チマーゼといいます。

酵素については、酵素を高校化学の参考書から学ぶという記事で、化学で習う内容について書いてあります。

酵素を高校性が使う化学の参考書を参照しながら説明します。ほとんどの方が一度は習った内容だと思います。そして酵素サプリや酵素ドリンクの酵素との違いを考えてみましょう。

植物酵素について詳しくお知りになりたい方は、まず、酵素について知りたいならまず最初にこのページから読んでほしいをお読みください。

スポンサーリンク
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大