植物生まれの酵素はなぜ効果がでるのだろう?

植物生まれの酵素には、正直なところ、大して効果を期待していなかったのですが、飲んでみたら翌日よさを感じることができました。なぜ、植物生まれの酵素が乾燥させたカプセル入りなのにこんなに効果を感じることができたのだろう?

その理由を考えてみました。この記事は、日本盛植物生まれの酵素、初回が30%OFFなので自分でためしてみたの続きです。

日本盛の植物生まれの酵素を飲んでみました。効果は飲んだ翌朝感じることができました。私の飲み方や感じた効果について書きます。植物生まれの酵素を飲んで、酵素サプリのこれからの可能性を感じました。

植物生まれの酵素

乳酸菌と消化酵素と植物発酵エキスからなる日本盛の酵素

先に結論めいたことから書いておきましょう。

日本盛の酵素は、酵素の完成像を先にイメージして、原材料を2年熟成させた植物発酵エキスに、腸で働く乳酸菌と、消化に役に立つ酵素を加えて、酵素の完成像に近づける方法をとったのではないかと思います。

実際、わたしたちが酵素に期待する効果は、ほぼ、その3つによって叶えられるからです。

もし、酵素を発酵・熟成させる手段だけでつくった場合、酵素が生きているか?とか、乳酸菌が生きているのか?など、若干の勘違いも含まれる質問に対して、できあがった製品を分析しないと分からないことが多かったのは事実だと思います。

しかし、日本盛の酵素は、植物発酵エキスと、腸まで届いて腸でしばらく働く乳酸菌と、消化酵素とでできているのですから、説明も簡単にできます。

酵素は入っている。生きている乳酸菌も入っている。

「日本盛の酵素は生きていますか?」と聞かれたら、酵素は生き物でないですが、消化酵素は入ってますよと答えられます。

また、「乳酸菌は生きていますか?」と聞かれたら、体の中に入ったら活動する乳酸菌が入っていますといえます。

また、乳酸菌は腸まで届いてしばらくの間定着して乳酸を作るので、腸内で善玉菌を増やします、とはっきり言えます。

これはすべて乾燥させたものを用意したからこそ可能になる方法だと思います。日本盛の酵素は、発売当初からカプセルのものしかありません。

人気がある酵素ドリンクタイプを出さないのかなと思っていましたが、ずっとカプセルだけしか製造していないのは、商品開発をした方にはっきりとした考えがあるように感じます。

酵素を組み立てる

できた植物発酵エキスをフリーズドライにするというのは、発酵菌も、発酵する時に使われた酵素も破壊します。その代わり、植物発酵エキス自体の品質はよい状態に保たれます。

そして、フリーズドライした植物発酵エキスにあとで消化酵素と乳酸菌を加えるので植物発酵エキスの性質が復活しますから問題ありません。

酵素は70年以上の歴史がある商品です。ずっと伝統的なスタイルで製造されてきました。多分、そこから植物発酵エキスをフリーズドライにするという考えは出てこないように思います。

野菜と果物

日本盛の酵素の製造工程

植物生まれの酵素は、このようにつくられます。

  • 130種類以上の原材料に黒糖を加えて2年発酵させ植物発酵エキスをつくる。
  • フリーズドライで凍結乾燥させる。
  • 必要な添加物を加えてカプセルに詰める。

日本盛の酵素の植物発酵エキス原材料は130種類

日本盛の酵素の原材料は、野菜と果物が中心ですが、穀類や海草も使います。

穀類や野草、海草には、乾燥したものが多くあります。これらに水は一切加えず、全て乾燥状態のまま粉砕し、粉にして仕込むそうです。

皮、葉、種もまるごと使うので、農薬を使わない有機栽培や減農薬・無農薬の野菜や果物などをできるだけ使うようにしているそうです。

原材料に粉状にした黒砂糖を混ぜ、2年間かけて発酵させます。発酵させる時は、発酵菌(スターター)は加えずに、原材料にもともと付いていた菌で自然発酵させます。

発酵年数について

私はいろいろな酵素を味見してきましたが、発酵年数は、2年でも3年でも大して変わりません。ただし、例えば10年寝かすと風味はかなり変わります。私の鈍感な舌でも、からだによいだろうなというのが分かる味になります。

酵素メーカーの中には、工場見学に積極的な会社もあります。もしそんなチャンスがあったら、一度見学してみるとよいです。発酵年数と味の違いを、実際に試食させてくれるメーカーもありました。

植物原材料のリスト

これは各社それぞれですが、今は130種類といっても特別多い方ではないです。

葉菜類 キャベツ、たまねぎ、白菜、レタス、チシャ、ほうれん草、小松菜、大根葉、チンゲン菜、セロリ、春菊、ニラ、パセリ、ねぎ、しそ、モロヘイヤ、にんにく、ケール、ビタミン菜、大麦若葉、みつば、セリ(22)
花菜類 ブロッコリー、カリフラワー、みょうが(3)
茎菜類 アスパラガス、たけのこ、ウド(3)
イモ類 さつまいも、里芋、山芋(3)
果菜類 なす、ピーマン、メロン、オクラ、かぼちゃ、きゅうり、すいか、瓜、ゴーヤ、トマト、(10)
根菜類 大根、にんじん、ごぼう、レンコン、かぶ、パースニップ(6)
穀類 ごま、玄米、黒米、赤米、大麦、スイートコーン、米ぬか(7)
海藻類 昆布、ひじき、わかめ、のり、根昆布、ヒバマタ(6)
柑橘類 オレンジ、レモン、ゆず、みかん、伊予かん、きんかん(6)
果実類 キウイ、ぶどう、パパイヤ、マンゴー、いちご、うめ、イチジク、やまもも、ブルーベリー、ブラックベリー、グミ、プルーン、木苺、やまぶどう、りんご、パイナップル、バナナ、柿、かりん、もも、梨(21)
ナッツ類 くるみ、カシューナッツ、アーモンド(3)
きのこ類 えのき茸、椎茸、しめじ、まいたけ、きくらげ(5)
ハーブ類 バジル、タラゴン、タイム、ローズマリー(4)
豆類 小豆、いんげん、大豆、ココア(4)
野草 ケイヒ、ハッカ葉、ドクダミ、生姜、ウイキョウ、茶葉、びわ葉、御種人参、丁子、なつめ、またたび、あけび、いちじく葉、モッカ、霊芝、ハトムギ、はぶ草、熊笹、すぎな、よもぎ、シャゼンソウ、ハコベ、ウコン、かんぞう、くこの実、アカメガシワ、日本山人参(27)

130種類の材料を2年発酵させた後、できたエキスをフリーズドライにしてパウダー状にします。

フリーズドライは、植物生まれの酵素が非加熱で生酵素であることの証

フリーズドライとは、-30℃程度で凍結させた食品を真空状態に置き、水分を昇華させ乾燥させる技術のことです。

フリーズドライしたもので一番身近な例は、インスタントコーヒーです。

食品をカチンカチンに凍らせると、中に含まれている水分が氷になります。そこで、気圧を下げると、氷から湯気がどんどん出て行きます。氷が水にならず、そのまま気体の水蒸気になる現象で昇華といいます。

冷凍庫

真空にすると氷が激しく蒸発します。植物発酵エキスをフリーズドライにすると、氷(水分)だけが低温のまま蒸発してからからに乾燥します。

生酵素(なまこうそ)が今ずいぶん流行っているようです。非加熱(このことば、すごく変な感じがしますが)で製造するのが生酵素なら、植物生まれの酵素も非加熱で製造していますから生酵素といってよいでしょう

さらに、フリーズドライ後の食品に含まれる水分量が極端に低いので、酵素や微生物の作用を抑制することができます。そのため、保存料を使わずに長期保存することが可能になります。

そこに以下のものを足して製品化しています。

植物生まれの酵素の添加物

植物生まれの酵素には植物発酵エキス以外に添加物が加えられています。添加物といってもすべてが悪いものではありません。カプセルの材料とカプセルの中で固まらないようにするもの以外は、添加物といっても全てからだに役に立つものです。

もちろん、保存料は使われていません。

どんなものが入っているのか、検証してみましょう。

7種類入っていました。

  • 食物繊維(難消化性デキストリン)
  • フラクトオリゴ糖
  • 有胞子性乳酸菌末
  • 酒粕由来の乳酸菌
  • 小麦発酵エキス
  • HPMC
  • ショ糖脂肪酸エステル

早速、これらはどんなものでどんな働きをするのか調べてみました。

食物繊維(難消化性デキストリン)

主にトウモロコシのデンプンを糖化したときにできてくる難消化性成分のことで、水溶性の食物繊維です。

水溶性の食物繊維は水に溶けるとドロドロのゲル状に変化します。

一般に水溶性の食物繊維は、糖質の消化吸収を緩やかにし、血糖値の上昇を抑える効果があり、コレステロールなどの余分な脂質を吸着し排出するなど、体への吸収を抑制する働きがあります。食物繊維は、ビフィズス菌のエサになります。

フラクトオリゴ糖

ビフィズス菌のえさになります。腸内細菌のビフィズス菌を増やします。これもよい働きをする添加物です。

有胞子性乳酸菌末

有胞子性乳酸菌は胞子を形成する乳酸菌です。ラクリス菌と呼ばれています。胞子は、環境が生存に適さなくなると形成されます。種(たね)のようなものです。

そのため、他の細菌のように胃酸で殺されずに胃を通過し、腸管内で発芽し、しばらくとどまって乳酸発酵によって乳酸をつくります。胃酸で死なずに腸まで届きしばらくとどまる乳酸菌です。

しかし、有胞子性乳酸菌の摂取をやめると、しばらくすると体外に排出されます。これもよい働きをする添加物です。

生酛づくり由来の乳酸菌

さらに日本酒の生酛づくり由来の乳酸菌も新たに入っています。生酛づくりについては、生酛(きもと)づくりとはで説明を書いておきました。自然の乳酸菌を取り込む手間のかかる方法です。酒粕から採取した乳酸菌です。菌属、菌種、菌株までは書かれていませんでしたが、数は10億個だそうです。

小麦発酵エキス

小麦発酵エキスは、小麦ふすまに微生物を植え付けて酵素をつくらせたもの。油を分解するリパーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、セルロースを分解するセルラーゼ、乳糖を分解するラクターゼなどが入っています。

消化酵素として添加されています。

HPMC

ヒドロキシプロピルメチルセルロースの略です。HPMC は、平成15年(2003 年)6月に食品添加物として指定されたものです。

保健機能食品のカプセル剤及び錠剤にのみ使用されています。つまり、HPMCはカプセルのことです。

ショ糖脂肪酸エステル

ショ糖は砂糖のことです。

脂肪酸は、油を構成する成分です。脂肪酸にはいくつか種類があります。オリーブオイルならオレイン酸、最近話題のえごま油ならα-リノレン酸、魚油なら、DHAやEPAが知られています。

簡単にいうと、ショ糖脂肪酸エステルとは砂糖と脂肪酸が結合したものです。やはり食品添加物で、乳化剤の一種です。カプセルの中の脂質と炭水化物をなじませるために使われています。サトウキビ由来です。

カプセルにすることで、HPMCやショ糖脂肪酸エステルという余分なものが必要になりますが、中身が乾燥した粉末になっているので、食物繊維(難消化性デキストリン)、フラクトオリゴ糖、有胞子性乳酸菌末、小麦発酵エキスといった役に立つ成分を加えることができます。


継続する場合、3回目まで、1,512円で送ってくれます。
4回目からは、毎月送ってくる場合と、2か月毎の場合で、割引率が変わります。詳しくは公式サイトでご確認下さい。

まとめ

植物生まれの酵素は、酵素の完成像から逆算してつくっている印象があります。特に品質を落とさず長期保存を可能にするフリーズドライと、そこで損なわれる発酵菌を、後で乳酸菌として割り切って加えるところが新しい考え方だなと思いました。

この記事の続きは、日本盛に植物生まれの酵素について質問してみたをお読み下さい。

日本盛は日本酒のメーカーです。だいたい醸造会社は歴史が長く、日本盛も明治時代から続く会社です。お酒の会社が酵素をつくったら、菌にはこだわりが...
スポンサーリンク
レクタングル大