発酵食品全般

発酵食品全般

発酵食品全般

「日本発酵紀行」を読んで初めて知った2つのこと

小倉ヒラクさんの「日本発酵紀行」を読んで、坂の街、尾道が造酢が盛んな街だったことを初めて知りました。北前船で秋田から安い原料米を買い付けて尾道で酢を造り、また同じ北前船の逆航路で売りさばいていたそうです。また、日本酒は醸造酒の中ではアルコー...
発酵食品全般

鮒ずしは1度しか食べたことがない

鮒ずしなど馴れずしは、東北タイとラオスにルーツがあるそうです。ゲンゴロウブナ、ニゴロブナを塩漬けにして3ヵ月~1年寝かせて、よく洗い、今度は米飯を詰めて、空気に触れないようフタをして1年寝かせます。乳酸発酵し、できた短鎖脂肪酸とアルコールと...
発酵食品全般

干物の塩分は意外と少なく、 うま味は自己消化による

干物は発酵食品として知られています。塩をして乾かすので、保存性がよくなりますが塩分が多いのではないかと調べました。しかし、開いたものは意外にも少ない。丸干しは多いです。減塩時代なので冷蔵・冷凍保存前提で塩の量を減らしてあります。干物の「発酵...
スポンサーリンク
発酵食品全般

塩辛の塩分濃度は本来高い方が熟成が進んでおいしくなる

塩辛は、冷蔵ケースに入って販売されているのがよいものだと思っていました。しかし、本来、塩辛は塩分濃度を10~20%と高くして菌の活動を抑え、肝臓の自己消化酵素の働きでうま味を醸成させる食品です。低塩時代、塩辛の塩分濃度は5%程度になり、冷蔵...
発酵食品全般

小泉武夫「食いしん坊発明家」はとても面白かった

小泉先生の「食いしん坊発明家」はタイトルだけ見ると、子ども時代の話かと思いましたが、東京農大を卒業した頃からの発明の話が、7つ、実に面白おかしく紹介されています。小説形式で書かないと面白さが伝わらないと思われたのでしょう。 小泉先...
発酵食品全般

生のトマトの保存食

この本、実に面白いです。発酵の技法 ―世界の発酵食品と発酵文化の探求という本です。翻訳本なので、日本人が書く内容とかなり違います。もちろん、ぬか漬けや日本酒、味噌、しょう油については、日本人が書いた本を読んだ方がよいです。 し...
発酵食品全般

大豆は豆腐より納豆やもやしで食べた方がよいのかな?

間違いだらけの食事健康法 ~現代人が「慢性病」を抱えた理由を読みました。技術評論社のこのシリーズはなかなか面白い本が多いです。この本もとても面白かったです。しかし、誤植が多すぎて、文章も少し読みにくいところがあります。編集者はもう少し頑張っ...
発酵食品全般

ドングリを発酵させる

ドングリの形や重さが子供頃から好きです。たくさん集めると重量感があって、ポケットに入れると満足できました。針葉樹にはこんな大きな実はならないですから、広葉樹は豊かだなと思ったものです。 ところで、ドングリが食べられるとは知りませんでし...
発酵食品全般

腸から体がよみがえる「胚酵食」を読んだ

腸から体がよみがえる「胚酵食」を読みました。健康に関する本は、常識破りの内容が書かれているものが少なくないですが、この本は強力でした。 たまにこのような本を読んで、バランスを取っておくのもよいかもしれません。人間の体とはもろい...
発酵食品全般

発酵食品を食べるとおならの回数が増える?

先日、友人と話していて、発酵食品を食べているとおならの回数が増えないかという話になりました。確かに増えます。もちろん、日によって違うのと、食事の内容によっても変わります。 一般的には、納豆とおならの関係を気にしている人が多いよ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました